女性が転職活動をする上で考えておきたいこと

 就職した職場が違うなと思った時に、転職を考えるようになる女性も少なくありません。しかし転職した先がブラック企業と呼ばれる様なところであれば、せっかく転職したにも関わらず厳しい環境で働くことになってしまいます。

 

 ブラック企業を避けるために、事前に気をつけておきたいポイントについて紹介します。

 

 ブラック企業では労働条環境の厳しさから、離職する人の割合も高いです。離職率が高い、常に求人を募集しているというところは要注意です。残業や拘束時間が長いところも働いていて擦り減ってしまいます。残業時間○○時間程度ある場合がありなど曖昧に書いているところはしっかりと確認する必要がありますし、残業代がしっかりと支払われるかどうかも確認しておきたいです。

 

 また給料表記が20〜30万円などなっているとついつい30万円もらえるかなと期待してしまいますが、この場合にはかなりの成績を出して30万円ということです。初めは20万円からで、余程の成績を出さない限りは30万円までいかないことを頭に入れておきます。

 

 女性ならではポイントとしては、結婚や出産についてしつこく聞かれるということもあります。こちらから育児休業制度などをとれるか質問するのは良いですが、相手からその予定があるのかなど細かく聞かれたら要注意です。セクハラ、パワハラなどが横行している会社だったということもあるようです。

 

 労働条件についても入社前にしっかりと確認しておかなければなりません。仕事内容、お給料、残業代、退職する時の規定など必要事項は書面で渡してもらうことが一般的なので、それをしてくれない会社についてはおかしいと思うようにします。入社してみないとわからないということもありますが、事前に色々な視点から見ることで、ブラック企業を避けることもできます。