外資へ転職するときの自己アピールの大切さ

転職をしようとするときに、自己アピールというのが大切になります。これは日本企業でも外資でも同じですが、特に外資においては、それがとても顕著だと言われています。

 

 

さまざまな転職サイトでも、こういった自己アピールの方法というものが記載されていますし、特に外資系企業を対象にした転職においては、それ専門のガイドブックや、ノウハウ本なども出ていたりします。
たしかに、外資系企業へは、積極的に自分をアピールすることが、転職活動においては必須だというように言われていた時期がありました。そして、こういった積極的な自己アピールというのは、日本企業への転職活動とは違うということもあり、あえてそれをマスターするということが推奨されていたのです。

 

 

しかし、最近は、外資系企業のヒューマンリソース採用担当の視点も、変わってきたと言われています。こういったセオリーを受けて外資向けの転職における自己アピールが、むしろ型におしたように、同じようなものになってしまっているというのです。「成果主義」「ゴールオリエント」「目的意識」「リーダーシップ」といった言葉ばかりを聞くよりも、もっと個性のある自己アピールを求める外資のヒューマンリソース採用担当も増えています。実際に聞いた話では、むしろ日本人的な、丁寧で柔らかな物腰での自己アピールに、人材としてのポテンシャルを感じたという事も聞きました。

 

関連情報
http://xn--45web-vd8k082jwdy.net/
45歳以上の転職における面接テクニック

 

仕事術 - エキサイトニュース

 

外資系への転職というと、どうしても周りにある情報を集めて、それに対する対策を準備するという戦法になりがちです。しかし、採用する側の視点も変わっていくものですし、見ているのは、やはりあなた自身のポテンシャルです。なので、外資系の転職においても、セオリーに踊らされないようにすることが大切です。