40代以降で転職を成功させるために

 年齢を重ねるごとに転職をすることは難しくなるので、40代以降で男性と女性ともに転職したいと思っても踏み出せないという人は少なくありません。しかし60歳まで働くと考えると、40歳の人はあと20年もあるのです。不満だらけの会社であと20年我慢して働くのも、なかなかしんどいものです。40代での転職は簡単ではありませんが、不利になることばかりではありません。

 

 40代以上の転職に求められるのは、今までの会社で培ってきた知識や経験です。例えば新卒の時から40歳まで20年近く営業をしてきた人は、営業に対する知識や経験に長けています。違う分野に転職したとしても、営業という面からはベテランですし、即戦力で働くことができます。会社側からしたら、若い人に一から教えるよりも、即戦力を求める場合があり需要があります。

 

<関連>
女性 転職
女性の転職支援情報

 

 自分が今まで働いてきた中でどのようなスキルを身につけてきたのかをしっかりと分析して、それを活かせる転職活動をしたら40代以上でも成功する可能性は高いです。

 

 また転職をする際に、自分を卑下していてはいけませんが、高く見ていてもいけません。「今までこれだけのことをやってきたから」「前はこんなポジションだった」などにこだわりすぎると決まらなくなります。転職先ではその会社では新人という気持ちで、謙虚に仕事をしていく気持ちを忘れないようにしましょう。

 

 自分で自分のスキル、自分が求められている仕事などを分析すると、偏ってしまう場合があります。こういった場合には転職サービスを利用して、客観的に自分を見てもらうといったことも役に立ちます。年齢だけで転職を諦めることはありませんし、チャレンジ精神を大事に活動をしてください。