職に就いていない空白の時間の対処法

転職活動で現在において就職しているかどうかにかかわらず、履歴書や職務経歴書での情報で、どうしても職に就いていない期間という情報は採用する立場にとって気になります。

 

 

 

また、人に知られたくない情報を隠しておきたいという心理が人間に働きます。従って、不利な情報の説明などをあえて伏せて、隠そうと考えている人は少なくないです。

 

 

 

採用の判断をする人事は多くの応募者を見てきていて、良い人材をなんとしてでも採ろうという百戦錬磨として人事の仕事をしてきています。

 

 

 

人事のプロである以上は、履歴書などの情報を見て何か隠してあるということを一目で分かるのです。普通は大量の応募書類を見ているわけであるが、良い人材ということが優先であるので、どうしても怪しい情報は見過ごせないのです。

 

 

 

 

空白の期間で気になる事は、学校を卒業してから就職するまでのブランクと退職して就職していない期間までのブランクです。空白の期間のブランクの説明に関して、ほとんどの応募者が説明を省いている傾向です。

 

 

 

実はブランクの期間というのは応募者自身の時間の使い方を採用担当者が知りたがっている事で、ブランクの期間はどのような事をして過ごしていたかが重要なポイントです。

 

 

 

仮にブランクの期間で何も働いていなくても、転職活動をするなどの行動を具体的に話すのが一般の対処法です。

 

 

 

<参考>
40代の仕事探し情報
40代が転職活動の際に仕事を探すときの注意点

 

三菱重工 | 採用情報

 

 

 

難しい事は考えずに、ブランクを聞かれた期間の言い方として資格取得やスキルアップのための勉強などの具体的な行動をしていたなどの話をして、仕事の意欲につながるアピールをすれば採用担当者にマイナスのイメージを与えることはないので、書類を作る時にブランクの期間の事を考えておきます。